• ホーム
  • 会話が弾まない時の合言葉!「適度に整理すべし」

会話が弾まない時の合言葉!「適度に整理すべし」

会話が弾まない時の合言葉が、適度に整理すべしと言われてもいまいちピンと来ませんよね。適度に整理すべしは会話のネタの頭文字のことです。
まずそれぞれなんの頭文字なのか押さえておきましょう。それぞれテレビに季節、道楽、ニュース、生活、田舎、旅行、スター・スキャンダル、勉強、仕事です。幾つか例を挙げて見ていきます。

まずテレビですが、今時テレビを見ない人はいないので、話の糸口になりやすいのです。どんなテレビ番組が好きですか、等と聞いてみると良いでしょう。もしも見たことがあるテレビ番組であれば、面白かったですよねと共感すると会話が途切れませんよ。
季節についてだと、雪がすごいけど大丈夫ですかと言った内容を送ると、相手も気遣ってもらっているという印象を持ってくれるかもしれません。話の糸口としても十分ですし、そこからもう少し話題を飛ばすことができるようにすると尚良しです。
どは道楽ですが、道楽と言われても何のことかわかりませんよね。道楽は趣味のことで、趣味の話ならお互いに話しやすいテーマになります。特に趣味が合う人は楽しく付き合っていくことができるので、会話が尽きそうな時に話題として振ってみましょう。
ニュースも時事問題として会話の糸口にしやすい話題です。でも政治の問題に関しては論争のようになって対立構造が生まれるきっかけになることもあるので、当たり障りのないニュースにするのが無難です。
生活についてだと休みは何をしているか尋ねてみるのもおすすめです。そこから何をしているのか聞いてみて、共感するのがポイントです。例えばカフェに行く、と言われたどんなカフェに行くのか、と少し関心を持って返すと会話も弾みます。

SNSでは対面ではないので沈黙しても気まずくなるということがありません。でも逆を言ってしまえば会話が弾まないのであれば無視するのも簡単だということです。
SNSで会話を続けるコツは相手に関心を持って返答をすること。例えば相手に旅行について尋ねて答えてくれたのに、そうなんだで済ませたら会話は終了してしまいます。そこでもう少し関心を示して、〇〇が好きなのと返して、続けていくようにするとよいでしょう。
対面で話すのが難しい、というのであれば直接顔を合わせないSNSは練習の場です。どうやって話し始めて、どうやって返してといったことを学ぶことできます。話し上手は話すだけではなく聞くのが上手な人でもあります。話すのが苦手だなというのであれば、まずは適度に整理すべし、で聞いてみてはいかがでしょうか。

関連記事