• ホーム
  • 最近増え続けているSNSおじさんって何者!?

最近増え続けているSNSおじさんって何者!?

スマートフォンが普及してきて、殆どの人がスマートフォンを持っている今の時代。SNSは若い世代を中心に普及していき、中高年でもSNSを利用している人は多くいます。便利なツールとして使っている分には問題ありませんが、行き過ぎた使い方をしていれば、SNSおじさんとして密かに悪印象を抱かれているかもしれません。

SNSおじさんの投稿で多いのは社畜アピールをしていることです。社畜アピールをされてしまうとブラック企業感があって、若者としては恐怖を感じてしまいます。その会社の人のSNSを探して見ていることもあるので、注意が必要です。
正直言って社畜アピールしている人から何を言われても、うざいというのが本音です。社畜アピールをする前に何かできることがあるのでは、SNSやる時間はあるんだ、という悪印象を与えてしまいます。

次に多いのが中年の筋トレ報告になります。中年になるとどうしても太ってしまうものです。なので太りだしたその体を何とかしようと筋トレをすることは自身の健康のためにもとても良いことです。最近ではアプリでどれくらい改善できたのかを計測することができるので、それを報告したいのはわかります。でも誰もおじさんの太りだした体には興味がありませんし、筋トレ報告も必要としていません。若い人に嫌われたくないのであれば、止めた方が良いでしょう。

最後が自撮り写真の投稿になります。これは中年だから自撮り写真が悪い、という訳ではありません。全世代に言えることですが、自撮り写真が多いのはナルシストと思われてしまいます。
皆やっているんだからやっても良いじゃないかと思うかもしれませんが、しょっちゅう自撮り写真をアップしている中年は、若者よりも敬遠されてしまうのです。高級カフェや良い服を買った時に、おじさんならではの余裕をアピールするのが悪い訳ではありません。1日1回の投稿で、自撮り写真は週に1回程度に留めると、SNSおじさん認定されずにSNSを楽しむことができるのでおすすめです。

若者のSNSは若気の至りで許されることも多いですが、SNSおじさんはある程度年がいっているのに常識がない、という目で見られてしまいます。SNSをやること自体は決して悪いことではありません。度を過ぎた行為であると認識されてしまう程してしまうことが問題なのです。もしかして自分はSNSおじさんかも、と思った時には自分がSNSを利用している頻度を見返してみましょう。

関連記事