• ホーム
  • Instagramで絶対にやっちゃダメなことって?

Instagramで絶対にやっちゃダメなことって?

携帯を見ている幸せな女性

SNSの筆頭にまで成長したInstagramですが、ここでも嫌われる行為というものが存在します。知らず知らずの内にやってしまっていることがあるので、気を付ける必要があります。
Instagramは写真を投稿するためツールですが、コメントがないのは嫌われる行為です。一言もコメントがないと、どんな状況で取られた写真なのか、なんで投稿したのかということが伝わりません。
ハッシュタグをつけ過ぎるのも考え物です。色んな人の検索にヒットしやすいように、沢山のハッシュタグをつけている人がいますが、それは周囲の人を不快にさせている可能性があります。いいねを貰うのに必死過ぎると思われてしまうので逆効果です。

汚い写真を投稿するのも不快にする要因です。Instagramは綺麗な写真を投稿するためのツールで、汚い写真をわざわざ見たくはありません。ブレたことによってむしろ面白いものになったというのであれば良いかもしれませんが、そうでなければ嫌がられてしまいます。
写真を乱発するのも嫌われる原因になります。投稿が乱発されていると見にくく、配慮に欠けた行為です。最近では数枚の写真をまとめることができるので、見ている人にも配慮して、数枚の写真をまとめてから投稿するのがおすすめです。
他にも見ている人を不快にさせている写真は自撮りになります。芸能人でもないのに自分のキメ顔ばかりだと、誰もそこまで興味ないよ、と思われてしまうのです。それでなくても自分可愛い、格好良いでしょ、アピールは不快なもの。自撮りは週に1度程度に留めておきましょう。

これらの行為が積み重なっていくと、折角フォロワーが居たとしても、ブロックされてしまうこともあります。フォロワーも綺麗な写真を見たいからフォローをしている訳で、見たくない写真ばかり投稿されるのであればブロックされても仕方ないのかもしれません。
女性はInstagramもしっかりチェックして、この人はどんな人なのかということを判断します。どんな私生活なのか、どんな風に過ごしているのか、過去のものまで見られています。

不安になる場合には定期的に整理をしたりしておくのがおすすめです。Twitterと同じで、日々が充実している方が好まれ、暴力的な発言は好まれません。特に写真を上げているのですから、誰であるのかTwitter以上に特定されやすくなります。きちんと載せる内容は気を付けておきましょう。

関連記事
人気記事一覧