• ホーム
  • Twitterでエアリプばかりする人は嫌われる?

Twitterでエアリプばかりする人は嫌われる?

タブレットを使っている美人

かまってちゃん自体は良くいますが、度を過ぎれば嫌われやすい行為でしかありません。こんなんだから彼女ができないんだ、どうせ俺なんて、というかまってちゃんアピールしまくりのツイートは慰めの返信を期待しているのが丸わかりです。そのため面倒くさいという感情を抱きやすくなります。でも形式上返信しないとなという感情も同時に湧いてきて、より嫌われやすい男性になってしまうのです。

Twitterのリプライも意外と見られているポイントです。例えば女性がツイートした時にリプライが異常に早い場合にはずっと見ているのかな、暇人だな、という印象を抱かせてしまいます。良く返信は、焦らした方が良いと言われていますが、早すぎるのは気持ち悪がられてしまう原因に。

Twitterのエアリプもマイナスの目で見られているので、内容には気を付けたいところです。エアリプは今週の土曜日空いてる人遊びに行こう、と言った内容をツイートすることです。こんな使い方なら大勢の友達を一度に誘うことができて便利ですよね。
でも使い方を誤れば嫌われる原因になります。エアリプで誰か指名することなく、でも相手がわかるように好きだということをツイートするのであればまだ可愛いものです。
エアリプで誰かの愚痴をツイートするのは見っともありません。名指しをしないことによって、実際にはその人のことじゃない、という逃げ道を残している方法になります。相手を批判したいのかもしれませんが、自分が嫌われることになるのでしないようにしましょう。

またコミュ障の人もSNSでは自分の世界に入り過ぎる傾向があり、自分語りをしがちです。しかもコミュ障の人の場合には卑屈になってしまって、かまってちゃんアピールになってしまい、面倒な男だと思われてしまうのです。
コミュ障の人にとって誰か知らない人と話すことは勇気が要りますし、緊張してしまいますよね。SNSなら面と向かって話すわけではないから、ハードルが下がります。なので積極的にリプライをして色々な人と交流していくようにしましょう。自分のことだけではなく、周りのことを良く見るようにする能力を身に着けるのです。
対面での対話が難しいのであれば、SNSで少しずつ人とどうやって話していけば良いのか、場数を踏むことによって学ぶことができます。それによって周囲との距離の取り方を覚えていきましょう。これが非モテ男子から脱出第一歩になるかもしれませんよ。

関連記事
人気記事一覧